« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

出逢ってしまった…

出逢ってしまいましたshine

…といっても、昨日偶然 YouTube でたどり着いたのですが。。




グレゴリー・ソコロフ

ロシアのピアニストです。




日本ではあまり、お名前は知られていないように思います。

知る人ぞ知る名ピアニスト なのではないでしょうか?!

それか、私が無知なだけかもなのですが、、




もしまだ、ご存知なかった方は、一度ぜひお聴きになってみてくださいね。

そしてバッハもベートーヴェンもぜひぜひなのです。

こちら なぜ ラヴェルなのかと言えば、

春休みの課題に、娘ちゃんがラヴェルのソナチネを

いただきてきたからです。




楽譜は、先生よりご指定いただいたデュラン版と

解説と運指が載っている音楽の友社版も用意してみました。

(私は持ってなかったので…sweat01




新しい曲をいただいて、なんだかモチベーションも上がってくれたので、よかった~。

(全楽章らしいのですが大丈夫でしょうか??)





それに便乗して?私も学生気分を味わえて

楽しいですnote wink

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

p と f ③

今日は、娘の通う大学で開催の 萩音祭 へ

行く予定だったのですが、

この大雪なので、家でじっとしていることにしました。

(最近、仙台がとても遠くに感じます。。)




青森など県外からいらっしゃるお母様もいらっしゃるとのことですのに

情けないです _| ̄|○





少し時間ができたので、先日受講させていただいた

コンクールのセミナーをまとめてみました。



A4用紙5枚にまとめ終えた時にはちょっとした自己満足。

帰ってきた娘に見せたら、鼻で笑われてしまいましたが…(^-^;

20140214205010_deco_3

ノートまとめて満足している中学生(ありがち?、、)

にならないように、レッスンで生かしていきたいと思います。




コンクールを初めて聴かれたお母様達は、口々に

「同じピアノで同じ曲を弾いているのに、

一人ひとり、こんなに違って聴こえるのですね!」

とおっしゃって びっくりされます。




いろいろな演奏を聴くことで、

自分の音にも気づくことができますね (*^-^)



コンクール参加が一人ひとりにとって

プラスになるようにと思っています。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村




先日コンクールを薦めたピアノちゃんに、

「どうせ賞とれないから…」と言われてしまいました。


毎年、緊張からあと少しのところで入賞を逃していました。

いつも、「勉強になりました、また次がんばります!」

という大人な受け答えにほっとしていたのですが、、



本当はきっと違ったのですよね。。(ノω・、)
難しいです。

f と p ②

楽譜達が訴えかけてくる音 をすぐにピアノで表現できる手があったら

どんなに楽だろうと思います。


今日は、ランランの手をつけて弾いてみよう…とか

今日はアシュケナージの気分だな…とか ( ´,_ゝ`)ハイハイ



そんなことはできないので、長い時間をかけて学ぶしかないのですよね。。


自分が学んできたものを、熟成?させながら

ピアノちゃん達に伝えていく というのは



継ぎ足しながら使われる老舗に伝わる秘伝のタレ

または、(ごちそうさんにも出てくる)代々伝わるぬかどこ



みたいなもの、、でしょうか?



みんなが笑顔になるために、

カビを生やしてはいけないものなのですね?

(方向性まちがってないでしょうかsweat01





たぶん、お腹がすごく減ってるからこんなところに

たどりつくのかも…sadempty

0キロカロリーゼリーではお腹も心も満たされなかったので (;ω;)

やっぱりチョコが食べたいですpig

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

p と f

教則本で p と f をはじめておべんきょうする時、

どの本にもよく、読み方や説明があります。



f (フォルテ) つよく   p(ピアノ) よわく 



のように、簡潔に 子どもにも分かりやすく書かれているので

ついつい 読み方は?意味は?どう弾くの?と聞いてしまいがちに。



確かに学校のテストだったら、強弱記号の意味を正しく書けないと

マルがもらえません。




でもそこに、落とし穴がありました。(今さらなのですが…)




f はつよく だけど、どういう f ?

pはよわく だけど、どういう p?




音をイメージすることは、はじめて習う時からはじまっていますものね。




先日のレッスンの時に、p のところで

「ここはどう弾く?」と聞いたら、ピアノちゃんが、

「やさしく…」と答えてくれました。


そうそう、そうだよね! 


となんだかとっても嬉しくなってしまったので、

こんな記事をかいてみました ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

無事に開催されました

ものすごい大雪でした~snowtyphoon


どうなることかと思いましたが、9日のコンクール記念演奏会

無事に開催され、全員が出場できたようで何よりでした。

20140210062652_2 20140210062758_2

朝起きたら、車が雪に埋もれていて、私は大遅刻despair

何度となくハンドルを取られながらも、無事に会場に到着した時には

ほっとして涙が。。



その後、隣りのフォルテに買出しに行く際も、滑ってすってん!

ご一緒していた先生に、助け起こしていただきました。

みなさんにご迷惑ばかりおかけした一日となってしまいました。



出場された生徒さん達の演奏はたいへん素晴らしかったようですshine

マッチ売りの老婆よろしく、ずっとロビー受付をしておりましたが

スピーカーを通してでも、子ども達のひたむきな演奏に心温まりました。



そして、先生方の熱意にも心打たれました。

保護者のみなさま、聴きに来てくださったお客様方…



今日はあらためて、コンクールというものは

たくさんの方々の情熱によって開催できるのだ

ということを実感しました。


このような経験をさせていただける自分は

本当に幸せだと思っています。



ありがとうございました。

20140210062834 ボランティアのはずが、帰りにステージのお花をおすそわけいただきました。

寒い玄関に春の香りがしていますtulip

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ